東陽化成:花と香りのページです。
毎月順次コンテンツを追加していきます。
 
   
   
 地中海沿岸から西アジアの原産のため古くから、可憐な花容を愛された。
とくにイスラム世界ではバラやチューリップと並んで、愛好された植物である。イスラム教では偶像崇拝が禁止されているため、モスクなどの装飾にはアラベスクという幾何学模様や草花の文様が使用された。このアラベスクの意匠にカーネーションの花はしばしば使用されている。
なおスペイン、モナコ公国、ホンジュラスの国花である。

カーネーションが世界的に普及したのは母の日の成立が大きく関わっている。「母の日」に母親に贈呈する花として世界中で愛好されることになった。

17世紀にはイギリスでフローリスト(園芸愛好家)達によって栽培され、オーリキュラやチューリップ等と並びフローリスツ・フラワーの一つとして大きく進展を見た。18世紀を通じて品種が増え、やがて「ショウ・カーネーション」が生まれ、これが19世紀の主流となった。この花の特徴は花弁の縁の鋸歯がなくなり、花弁の配置を幾何学的な整形に近づけたもので、現代のカーネーションとは異なっている。この時代にはまだバラの改良もそれほど進んでおらず、カーネーション、オーリキュラ、チューリップは時代の先端を行く園芸植物であった。
19世紀中頃になるとフランスでの育種が進み、1840年にダルメイスが「パーペテュアル系」を作出、更に1857年にはやはりフランスで「マルメゾン系」が誕生した。これらが現代の営利用カーネーションに繋がっている。
なお、日本には江戸時代初期以前に輸入され、アンジャベルまたはアンジャ(蘭:anjelier、tuinanjelier)と呼ばれた。享保年間に出版された、『地錦抄録』(1733年)には、徳川家光の時代正保年間にオランダからカーネーションが伝来したと書かれている。しかし、このときには日本に定着せず、寛文年間に再伝来し、14種品種が紹介された。この時期に書かれた『花壇綱目』にも「あんしやべる」の名で記録されている。宝暦年間の1755年に著された『絵本野山草』にはカーネーションはナデシコなどとともに紹介されている。この時期には数百種に上る品種がナデシコだけで作り出されておりその中にカーネーションも含まれていたようである。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
   
  カーネーションには青い色はなかったがオーストラリアのフロリジン社が遺伝子組換えで青いカーネーションを作出した。

【カーネーション】 ナデシコ科
高価で貴重な精油とされ、香水やポプリの原料として重宝されている。

【香り】
・フローラル系 香りの強さ 中から強め


【効果】
・不安、ストレスの緩和 消化促進 虫除け

カーネーションの香りは暖かみのあるスパイシーさがいつまでも続く。そのためにミドルノート、ラストノートに香水でも使われ、ブーケにおいても他の花の香りを引き立てる役割を 持ちます。
 
  出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』、他  
     
お知りになりたい花と香りのキーワードを入力して検索ボタンをクリックしてください。
花と香りの検索サービスはただいま準備中です
花と香りの検索の窓