東陽化成:花と香りのページです。
毎月順次コンテンツを追加していきます。
 
   
   
 ケシ科Papaveraceaeケシ属Papaver L.
  北半球の極地原産。
ほぼ無茎で有毛の多年草。

園芸上は一年草。葉は根出してロゼットをつくり、有柄で羽状。長さ30cm前後の花柄を春に伸ばし、3〜5月に径6〜10cmの花をつける。花弁は広卵形で、花色は白、桃、黄、橙黄、橙紅など。萼は有毛。
(出典: 園芸植物大事典 小学館、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
   
 

カリフォルニアの州花です。
春になると至るところに咲く。
じめじめとした雨の季節が終わと鮮やかなオレンジの花を咲かせ、春が来たことを教えてくれます。

【ひなげし】 ケシ科
■Papaveraceaeケシ科 世界の温帯に26属、約250種分布。
■Papaver L. 和名:ケシ属、英名:poppy,フランス名:pavot,中国名:罌粟属。世界に約60種ある。アイスランド・ポピーなど観賞用に栽培される種も多い。Papaver somniferum L.和名ケシはあへんの原料。法律で栽培が禁止されている。


【香り】
・ピリッとした芳香が魅力的なポピーの香りです。 世界的に人気があり、素敵な 香りですので、他の香水は使えなくなってしまう位、とても魅力的。
ポピーの香りには、体と心の疲れを取る効果があるといわれています。


【虞美人草の名について】
末の武将・項羽には虞と言う愛人がいた。項羽が劉邦に敗れて垓下に追い詰められた時に、死を覚悟した項羽が詠った垓下の歌に合わせて舞った後、自刃した。彼女を葬った墓に翌夏赤くこの花が咲いたと言う伝説から、こう呼ばれる。尚、虞美人の自刃云々については、女性の貞操がとやかく言われるようになった、北宋代からであり、『史記』、『漢書』ではそのような記述はない。

 
  出典:園芸植物大事典 小学館、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』、他  
     
お知りになりたい花と香りのキーワードを入力して検索ボタンをクリックしてください。
花と香りの検索サービスはただいま準備中です
花と香りの検索の窓