東陽化成:素材事典の詳細ページですです。
弊社業務や薬事法、医薬品、化粧品等についてのご質問にお答えします。質問はお問い合わせページからお願いします。
 
   
   
         
ハ 行
パーム核油 
[ Palm Kernel Oil ]
  オイルパーム(アブラヤシ)の果実の核を圧搾して得られる無色〜淡黄色の油液、または白色〜淡黄色の固体脂で、わずかに特有なにおいがある。
単独では皮膚に対して刺激があるので、牛脂などと併用され、石けんそのほかの洗剤原料、界面活性剤の原料として使われる。
パーム油 
[ Palm Oil ]
  オイルパーム(アブラヤシ)の果肉を圧搾して得られる無色〜赤黄色の液体〜固体の油脂で、わずかににおいがある。
精製したパーム油は石けんの原料として使用され、ヤシ油より泡の持続性が良く、皮膚に対する刺激が少ない。
パーム油脂肪酸ナトリウム塩   パーム油を原料にして作られたナトリウム石鹸。
白色〜淡黄色の固体で、石鹸臭がある。
パール末   アコヤ貝の真珠層を粉砕し、精製した粉末。
白色または淡黄白色で、においはあまりない。
アコヤ貝にはカルシウムと硬質蛋白質(コンキオリン)が積層されており、アミノ酸が豊富である。
得にアラニン、グリシン、アスパラギン酸などが多く、コラーゲンやシルクに類似しているため、皮膚や毛髪への親和性にすぐれ、皮膚に艶とやさしくさっぱりとした感触を与える。
ファンデーション、パウダー、スキンケア、ヘアケア製品などに使用される。
馬油 
[Horse Oil]
  馬のたてがみ、尾の基部、皮下脂肪またはこれらの混合したものを圧搾または煮沸して得られた油分を脱色、脱水し、ろ過したあと、脱臭したものである。脂肪酸組成が比較的人間の資質に近いので、皮膚への浸透性がある。最近では、その作用を活用し、マッサージクリームなどに使われている。
パチュリー油 
[ Pogostemon patchouli ]
  パチュリの葉を原料とするウッディー調、ショウノウ調の香気をもつ淡黄渇色油である。主産地は、マレー半島、スマトラ島、フィリッピン、中国南部である。主成分はパチュリアルコール、パチュレノン、パチュリオンである。石けん、洗剤、一般化粧品香料、薫香、口中剤などに使用される。
ハッカ油 
[ Japanese Peppermint Oil ]
  日本産ハッカを原料とする、ハッカ香気の強い淡褐色〜褐色の透明液体油で、主産地は北海道、岡山、中国、台湾、インド、ブラジルである。
防腐、殺菌、鎮痛などの作用があり、血管拡張剤として用いられる。
化粧品香料として脂性肌用ローション、トニック、肌の強壮用ローションなどに使用される。
ハマメリス水(ウイッチヘーゼルウォーター) 
[ Hamamelis Water]
  ハマメリスの葉、樹皮、根から浸出して水蒸気蒸留して得られる無色透明な液体。
ヨーロッパでは民間薬として、赤痢、細菌性下痢に内服している。また、収れん剤、止血剤としても使われているほか、眼の炎症、虫刺され、軽い火傷やうがい薬にも使われている
化粧品香料としてはにきび肌用の化粧水やクリーム、日焼け止め製品やシェイビング製品にも使用されている。また、紫外線やストレスによって体内に生じる有害物質を抑制し、老化防止効果が知られている。
パラオキシ安息香酸エチル( エチルパラベン )
[ Ethyl Parahydroxybenzoate , Ethylparaben ]
  パラオキシ安息香酸エステル類。"パラオキシ安息香酸"で始まる成分はパラベンと総称される。
無色または白色の結晶性粉末で、においはないか、わずかにある。
静菌作用が強く、非常に広範囲の微生物に有効である。サリチル酸や安息香酸に比べてはるかに毒性が低く、皮膚刺激や過敏症も少ないとされ、防腐剤としてほとんどの化粧品に使用されている。
使用量は0.1〜0.2%程度で十分である。
パラオキシ安息香酸メチル( メチルパラベン )
[ Methyl Parahydroxybenzoate , Methylparaben ]
  パラオキシ安息香酸エステル類。"パラオキシ安息香酸"で始まる成分はパラベンと総称される。
無色または白色の結晶性粉末で、においはないか、わずかにある。
静菌作用が強く、非常に広範囲の微生物に有効である。サリチル酸や安息香酸に比べてはるかに毒性が低く、皮膚刺激や過敏症も少ないとされ、防腐剤としてほとんどの化粧品に使用されている。
使用量は0.1〜0.2%程度で十分である。
パラフィン( 固形パラフィン ) 
[ Paraffin ]
  石油原料を蒸留して充分精製した炭水化物の混合物。
白色のやや透明な結晶性の固体で、においはほとんどない。
酸化変敗することがなく、乳化しやすい特性をもっている。
クリーム類、口紅、スティック状化粧品などの油性成分に使用される。
     
このページの先頭へ