東陽化成:素材事典の詳細ページですです。
弊社業務や薬事法、医薬品、化粧品等についてのご質問にお答えします。質問はお問い合わせページからお願いします。
 
   
   
         
ヤ 行
ヤシ油脂肪酸 
[ Coconut Fatty Acid , Coconut Acid ]
  ヤシ油を加水分解して得られる高級脂肪酸の混合物で、白色〜黄色の液体〜固体で、特有なにおいがある。
シャンプー、石けんなどの洗浄製品やクリーム、ローションに使用される。
ヤシ油脂肪酸エチルエステルスルホン酸ナトリウム 
[ Sodium Cocoyl Ethyl Ester Sulfonate ]
  ヤシ油脂肪酸とイセチオン酸との縮合物のナトリウム塩。白色〜淡黄色の粉末で、わずかに特有なにおいがある。
硬水中でよく泡立ち、眼および皮膚に対し、非常に温和である。またph5〜8の間では安定だが、それ以外のphおよび50℃以上の条件では分解する傾向がある。
化粧石けん、シャンプー、リンス、頭髪用化粧品、ファンデーション、パック、洗顔料などに使用される。
ヤシ油脂肪酸サルコシンナトリウム 
[ Triethanolamine N-Cocoyl Sarcosinate ]
  ヤシ油脂肪酸とN−メチルグリシンとの縮合物のトリエタノールアミン塩。黄褐色の液体で、特有なにおいがある。
緩和な脱脂性と殺菌性をもち、泡立ち、湿潤性の優れた界面活性剤である。
熱、酸、アルカリに対して安定で、水へ良く溶け、ほかの活性剤との相溶性に優れていて、皮膚に対して温和な洗浄力を示す。
化粧石けん、シャンプー、リンス、洗顔料などに使用される。
ヤシ油脂肪酸ナトリウム 
[ Sodium Cocoate ]
  ヤシ油脂肪酸のナトリウム塩。白色〜淡黄色の粉末で、わずかに特有なにおいがある。
起泡、洗浄、湿潤、乳化などの作用をもつ
phが高く、酸に対しては非常に敏感で不安定で、中性または酸性になるとすぐに分解して酸性石けんを生ずる。
ファンデーション、おしろい、洗顔料などに使用される。
     
このページの先頭へ